翻訳家と英語コーチや通訳との比較

翻訳家と英語コーチや通訳との比較

翻訳家になるメリットはメインページでお伝えしましたが、同じく英語に関わる仕事として英語コーチや英語講師、通訳といった仕事もあります。それらと比較したときの翻訳家のメリットやデメリットを考えてみましょう。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

仕事時間の比較

その仕事によって勤務時間が変わってきます。比較してみましょう。

英語コーチや英語講師の勤務時間

クライアントの都合に合わせる必要があります。深夜遅くや早朝などの場合もあり、様々です。

通訳者の勤務時間

こちらもクライアントの都合に合わせての勤務時間となります。またクライアントに付きっきりになる必要があるので、時間や場所はクライアントの都合次第です。

翻訳家の勤務時間

好きな時間に仕事をすることが可能です。1日1時間からでも始められます。

要求される英語力の比較

メインページでも触れたように、通訳者と翻訳家でも要求される英語レベルは違います。それぞれの目安を見てみましょう。

英語コーチや英語講師の場合

TOEIC700〜800は必要になります。

通訳者の場合

TOEIC満点以上の実力が必要です。ネイティブ並みの会話力の他、ビジネス知識なども必要になります。

翻訳家の場合

TOEIC500点以上もあれば十分です。

競合の割合

いざプロになって仕事をもらえるようになっても、フリーランスの場合は特に仕事の奪い合いのようになる場合もあります。それぞれの職種の競合の割合はどうでしょうか。

英語コーチや英語講師の競合

要求される英語力の割に参入敷居は低いといえます。そのため同業者が多く、競争が激しいのがこの職種です。

通訳者の競合

TOEIC満点以上の実力・ネイティブ並みの会話力・幅広い知識なども必要、ということから考えても当然、参入敷居は高く競合は少ないです。ですが、最近は昔より英語が話せる人の数が多くなっているのと、需要がそこまで高くないため競争は激しくなっているようです。

翻訳家の競合

需要は多いです。その割には、メインページでも説明したように参入敷居が高いと誤解している人が多く、常に供給不足です。なので今参入すればすぐにでも稼ぎ出すことが可能です。

その職種につく際の難易度

その道のプロになる難易度も違います。またなるだけでなくそこから稼ぐためのスキルが必要になる場合もあります。

英語コーチや英語講師の難易度

ある程度(といっても苦手な人にとっては高いでしょうけど)の英語力があれば、誰でもなれるといえばなれてしまいます。しかしなってからが大変。自分でクライアントを獲得しなければならないため、自分を売り込む営業スキルも必要になってきます。

通訳者の難易度

英語力・会話力・幅広い知識が必要なため、難易度は格段に高いです。逆に、通訳者になれるくらいの実力がある人は最初からそんなに悩まないかも。

翻訳家の難易度

何度も説明した通り、難易度が高いというのは誤解です。TOEIC500点以上の実力があれば稼げる翻訳家になれます。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ TOPページを見る