副業として考えた場合の翻訳家と他の職業との比較

副業として考えた場合の翻訳家と他の職業との比較

在宅翻訳アカデミーで翻訳家になれば、年収1000万・海外でのノマド生活も夢ではありません。ですが、全ての人がそこを目指すわけでもないでしょう。私のように子持ちの主婦だったりすると、空いた時間で可能な限り稼げる副業が欲しいわけですからね。

それでは、他の副業と比べた場合、翻訳家はどうなのでしょうか?順に比較してみましょう。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

ウーバーイーツ(Uber Eats)などの代行業

配達員や家事代行など、何かを変わりに行う代行業という業種があります。これはモロに、時間と手間をお金に変える仕事です。とくにウーバーなどは知り合いに聞くと、頑張れば稼げるけどそれなりに時間を犠牲にしないとダメ、とのこと。子持ちの主婦のワタシにはとても無理ですねw

ブログやYouTubeなどの人気商売

ブログ・YouTubeなどで稼いでいる人もいます。ですが、これらで稼げる人は一部の人。収益が出るまでに時間がかかりますし、そもそも多くの人に見に来てもらわなければ収益にならないので、人気を得るための努力とセンスが必要になります。

片手間でそこそこのお金を稼ぐ…などということは逆に難しいでしょう。趣味の延長として利益は2の次でやるか、全身全霊をかたむけてやった人が成功する職種ではないでしょうか。

クラウドソーシングで外注の仕事を探す

クラウドソーシングとは、企業などがネットで外注の仕事を発注する仕組みのこと。データ入力や記事のライティング、システム開発や動画編集など様々な仕事の募集があり、クラウドワークスやランサーズなどのサイトで探すことができます。

ですが、それぞれ単価の安いものから高いものがあり、高いものはスキルが必要とされることが多いです(動画編集やシステム開発などは特にそう)。

それらのスキルを更に伸ばしたいとか、もともとスキルに自信がある人ならいいかもしれませんが、これからそれ用のスキルを身に着けて…となるとけっこうな時間がかかるのは言うまでもありません。

せどり・転売など

服や本などを仕入れて、メルカリなどのサイトで転売する人も最近は多いですよね。昔からやっていて経験があり、手間を惜しまない人は稼げないことはないようです。

ですが、物を仕入れるというのは在庫を抱えるリスクがあります。また在庫を置くスペースも必要になってくるので、子供がいる狭い我が家などは絶対ムリですねw

やはり翻訳家はおすすめ!

いろいろ見ていくと、やはり問題になってくるのは手間と時間。そこが何とかなるなら最初から悩みません。一方翻訳家に関しては、時間も場所も自分の好きなように決められます。やはり私のような子持ち主婦にもぴったりのようです。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ TOPページを見る